温度補正

構造体強度補正値 28S91 の標準値及び適応期間

日本建築学会『建築学会標準仕様書・同解説JASS 5 鉄筋コンクリート工事』2009

気象庁名古屋地方気象台 岡崎地域気象観測所

構造体強度補正値 28S91 の標準値(JASS 5-2009、P17 表5.1)

1989年4月~2009年3月 調査

セメントの種類 構造体温度補正値28S91(N/mm2) コンクリート打ち込みから材齢28日までの期間の予想気温の範囲(℃) 適応期間
普通ポルトランドセメント 3 8以上 2/27~7/7 ・ 9/13~11/21
6 0以上8未満 11/22~2/26
早強セメント 3 5以上 1/30~7/7 ・ 9/13~12/16
6 0以上5未満 12/17~1/29
高炉B種 3 13以上 3/27~7/7 ・ 9/13~10/25
6 0以上13未満 10/26~3/26

当地区における打ち込み後、材齢91日までの積算温度M91は840°D・Dとなるため寒中コンクリートの適用は、上記機関での対応とする。

書中期間における構造体強度補正値 28S91(JASS 5-2009、P160~62)

セメントの種類 構造体温度補正値28S91(N/mm2) 日平均気温の平均値(℃) 適応期間
普通ポルトランドセメント 6 25を超える 7/8~9/12
早強セメント
高炉B種

構造体コンクリート強度の検査を現場水中養生で行う場合

合否判定に用いる圧縮強度の値 コンクリート打ち込みから材齢28間での期間の予想平均温度の範囲(℃) 適応期間
圧縮強度平均値で判定する 20以上 5/16~9/19
圧縮強度平均値から3N/mm2減じた値で判定する 20未満 9/20~5/15

構造体コンクリートの検査(JASS 5-2009、P383~386)

構造体コンクリートの圧縮強度は、材齢28日の標準養生供試体強度が調合管理強度(呼び強度)以上あれば合格とする。(JASS 5-2009P385 d.e①)

構造体から採取したコア供試体による場合は材齢91日強度以上あれば合格とする。(JASS 5-2009P385 d.e②)

コア供試体の代わりに現場封かん養生供試体とした場合は、材齢28日を超え91日以内のn日において圧縮強度の平均値から3N/mm2減じた値が、品質基準強度以上あれば合格とする。

現場水中養生供試体による場合は以下による。

材齢28日までの平均気温が20℃以上の場合は、圧縮強度の平均値が、調合管理強度(呼び強度)以上あれば合格とする。

材齢28日までの平均気温が20℃未満の場合は、圧縮強度の平均値から3N/mm2減じた値が、品質強度以上あれば合格とする。